略奪愛だと揶揄されても、屈辱的な人よりもマシ

■不倫とは……
結婚したパートナーとは違う他人に愛情を感じてしまうケースもあります。出会い系サイトなどで刺激を求めてセックスができる相手を見つけるケースもあります。セックスだけの割りきった関係の不倫では多いです。愛がある不倫と愛がない不倫もあります。不倫のスタイルといっても千差万別です。
■不倫される方は……
許せる不倫と許せない不倫があります。許せない不倫ならば、家族関係は泥沼にハマってしまうでしょう。許せる不倫だからと言っても円満解決になることはありません。夫婦が納得して不倫を認めているとしましょう。ですが世間の目は不倫を許さない風潮にあるのです。
■不倫は二人の問題だけではないのです。
家族がいます。家族にも不倫関係を求めてもらわなければなりません。不倫を認めてもらう交渉相手が増えるにつれて難易度はグンとアップするのです。不倫セックスをするのは二人だけです。ですが、この甘い関係を上手に継続するには複雑に絡み合った人間関係を操って行かなければなりません。そこで手抜きをしてしまうと、あっという間に不倫関係にピリオドが打たれます。
■周囲の雑音を全く気に止めない人もいます。
こういったタイプは不倫セックス向きです。不倫セックスをすることを隠すべしという考えは一般的です。ですが、最後まで隠し通せることはできないでしょう。
■いかがでしたでしょうか?
不倫セックス関係を略奪愛と呼ぶ事もあります。二人が幸せになるならばいいかもしれません。ですが奪われたほうは屈辱的なショックを受けるでしょう。略奪愛だと揶揄されても、屈辱的な人よりもマシだと考えましょう。