自分の理想のセフレを考える

セフレサイトを使うときには、まずは自分の理想をはっきり定めておくことが大切です。
どういったセフレならば、自分にとっての理想的な関係を得ることができるのか、これをまず考えておきましょう。
目標がはっきり定まっているほうが、相手を見つけるためにも行動がしやすくなりますし、セフレとして関係が成立した後も有利になります。
まずセフレの基本というと、いつでも好きなときに会ってセックスをすることができる相手、ということになりますね。
会うということを考えると、仕事をしている場合には仕事の休みが合うかどうかも考える必要がありますね。
また夜勤の人と昼勤の人では、時間が合いにくいでしょうから、なかなかセフレとして会うということは難しくなってきます。
また恋人の場合にはあまり考えなくていいことですが、セフレの場合に必須になるのがセックスの相性についてです。
好きなプレイであったり体の相性は、セフレにとっては非常に大事になってきます。
気持ちよくもない相手とセフレの関係を続ける必要はまったくありませんから、よくないと思われたらセフレの関係は終わってしまうことでしょう。
こういった理想を最初から定めておくことによって、セフレになったときにより楽しめる相手を見つけられることでしょう。

パートナーがいるからこそセフレを求める人がいる

中高年付き合い系サイトやセフレサイトを利用していると、恋人や伴侶がいるにも関わらずセフレを希望する会員の存在に気付きます。当然ながら、この場合の関係は浮気・不倫に該当します。なかには、それらが世間に露見して、大変な修羅場を迎えたカップルもいることでしょう。
恋人や伴侶を持ちながら、なぜ人々はセフレを希望するのか。そこには、パートナーがいるからこそ生まれる事情が関係しています。
例えば、肉体的な相性不一致で悩んでいるケース。性格や価値観をはじめ共同生活を送るには最高の相性だが、肉体的なものだけが不一致・・・というカップルも、実はそれほど珍しい存在ではありません。
しかし、こうした事情から破局するカップルは少数です。多くのカップルは、臭いものに蓋をするかの如くお互いに“我慢”を強い、関係を続行します。一時の快楽よりも、優先したいものが存在するためです。
また、本来の性癖を隠したままパートナーと交流しているため、欲求不満という人もいます。いずれにせよ、パートナーと不仲だからセフレを希望するのではなく、その逆です。
この点を汲み取って交流することが出来れば、利害一致の間柄として末永く交流できるでしょう。但し、浮気・不倫に該当する関係であることをお忘れないようお願いします。